第38回北海道少年少女空手道錬成大会

要項

主催
北海道空手道連盟
後援
(公財)全日本空手道連盟 北海道 北海道教育委員会 (公財)北海道体育協会
苫小牧市 苫小牧市教育委員会 (公財)苫小牧市体育協会 各報道機関
主管
苫小牧地区空手道連盟
日時
平成30年5月19日(土)【形試合・1〜2年男女組手】、20日(日)【3〜6年男女組手】
19日(土) 開場 8:30(予定)
8:45 審判会議
9:00 監督会議
9:30 開会式
10:00 競技開始
種目別表彰式
18:00(予定) 終了
20日(日) 開場 8:00(予定)
8:40 審判会議
9:00 競技開始
※監督会議は行いません
表彰式・閉会式
17:00(予定) 終了

※タイムスケジュールは進行状況により変更される場合があります。
(詳細につきましては、抽選後4/25までに組み合わせとともにHP上でお知らせします。)

会場
苫小牧市総合体育館
苫小牧市末広町3丁目2-16
TEL 0144-34-7715
競技種目と出場数
小学生1〜6年生の男子・女子の組手及び形競技個人戦
※各種目毎の参加人数制限は有りません。
※形と組手の両方に出場できます。
競技規定
(1) (公財)全日本空手道連盟競技規定及び北海道空手道連盟少年少女空手道錬成大会試合規定及び申し合わせ事項による。
前年度、全少で3位以上に入賞した者は、すでに出場権を取得しているためスーパーシード権を与え、各種目優勝者と「スーパーチャンピオン定戦」を行います。
<前年度全日本少年少女成績(学年は前年)>
2年女子組手 準優勝 嵯峨 佳依  5年女子形 準優勝 山口 寧々
3年女子組手 第3位 村中 優里
(2) 組手競技個人戦
(ア) トーナメント方式で行う。
また、決勝に進出した選手に敗退した選手に敗者復活戦を行い、最終的に3位を決定する。
(イ) 競技時間は1分30秒とする(参加人数により時間の変更有り)。
(ウ) 勝敗は競技時間内に6ポイント差が生じた場合、あるいは反則・棄権・失格、又は競技終了時に得点の多い選手を勝ちとする。
(3) 形競技個人戦
(ア) トーナメント方式で2名同時に行うが、準決勝から1名ずつで行う。
また、決勝に進出した選手に敗退した選手に敗者復活戦を行い、最終的に3位を決定する。
(イ) 勝敗は審判員5名の赤・青旗の多数決により決定する。
(ウ) ベスト16以下はゲキサイ第1、第2、平安又はピンアン初段〜5段の中から選択し、同じ形を繰り返し演武できるものとする。
(エ) 準々決勝(ベスト8)以上、3位決定戦、スーパー決勝戦は全空連第1指定形・第2指定形及びこれまでに演武していない(ウ)の形から選択し、同じ形を繰り返し演武できるものとする。
(オ) エントリー票はホームページからダウンロードして各自用意してください。
(4) 安全具
(ア) 組手全種目に全空連検定の拳サポーター(赤、青)、メンホー(V〜VII) ボディプロテクター及びシンガード・インステップガードを着装すること。また安全具は各自が用意すること。
(イ) 小学3〜6年生男子組手出場選手は、必ずファールカップを着装すること。但し、1・2年生は所属の指導者(監督・コーチ)の判断に委ねる。
(ウ) 安全具装着のない選手は出場できないので、充分注意すること。
(5) 服装
(ア) 監督・コーチは白の空手衣又は全空連指定ジャージを着用すること。
(空手着の下にTシャツを着る場合は、白のTシャツに限る)
※監督・コーチは、監督・コーチ講習会受講者(IDカード必携)に限り、試合においては、選手1人に対し、1人しかコートに入れません。
(イ) 選手は競技規定にそった清潔な白の空手衣を着用すること。
空手着の胸ひもは不可、腰ひもは必須になります。
女子の場合、空手着の下に白無地のTシャツを着用してもよい。
金属類のヘアバンド、ヘアピンは一切認めない。
帯は、赤・青(全空連検定品)を使用しすること。
帯留めのゴムやマジックバンド等は使用禁止。
審判員
北海道空手道連盟公認審判員
参加資格
北海道空手道連盟加盟団体に所属し、かつ道空連、全空連に個人登録をしている者。
全空連の公認段位若しくは公認級を保有している事。なお、既に申請しているもので免状が届いていない者は「申請中」とする。事後登録は許可しません。
参加費用
1種目 2,000円 ゼッケン代 1枚1,000円、2枚1,500円(形と組手で道着を替える人のみ)
例:2種目参加の場合 5,000円(ゼッケンは一人1枚で計算)
表彰
形、組手ともベスト8(5位)まで表彰します。
なお、スーパーチャンピオン決定戦の優勝、準優勝者は別途表彰します。
申込
登録団体単位にて下記ホームページよりダウンロードし、記入のうえ必ずE-mailにてエクセルデータを添付して送信してください。メール受信後、内容を確認し返信いたします。
事務局休業日(日・月・祝)を除き3日が経過しても返信がない場合は【再送】として 再度メールを送信くさい。
送られたデータを基にコピーして、トーナメント、ゼッケンを作成します。氏名、ふりがなの誤字には十分注意してください。
メールのない場合は、郵送で受け付けますが、誤字・脱字・種目・学年間違いの無いようくれぐれもご注意下さい。(FAXでは、受け付けません)
北海道空手道連盟ホームページ:www.karate-hokkaido.jp
e-mail: taikaisanka@karate-hokkaido.jp
※添付するファイル名、メールの件名は団体名として送信して下さい。
例:【○×道場】第37回錬成大会申込み
参加費用
平成30年4月2日(月)〜13日(金)の期間に団体名で振込ください。

申込期間
平成30年4月1日(日)〜14日(土) 17時必着
締切後は受付けません。期日厳守にてお願いします。
組合せ
北海道空手道連盟大会実行委員会が行う。
前年度、ベスト4まてでの選手にはシード権が与えられます。
その他
(1) 締切後の選手の変更は認めない。
(2) 選手が競技中に傷害を受けた場合、応急処置の外責任を持たない。
(3) 申込終了後、参加者名簿をホームページにアップしますので、間違いがないか確認し、間違いがあった場合には至急北海道空手道連盟に連絡をしてください。
(4) 選手は左胸に所属団体名(ネームタテ15cm×ヨコ10cm以内)をつけること。
(5) ゼッケンは競技団体ごとに事前に配布いたします。背中にしっかりと縫い付け、試合中に取れることがないようにしてください。
(6) この大会は第18回全日本少年少女空手道選手権大会(全少)の北海道予選会も兼ねています(8月4・5日東京武道館)
(7) 全少へはそれぞれの種目の上位2名に出場権が与えられます。
ただし、全少は形・組手のどちらか1種目しか参加できないため、重複して出場権を取得した選手はどちらかを選択し、どちらかを辞退していただきます。
(8) 座席表を人数確定後発表しますので、席取りは出来ません。
(9) 練習会場での占領は禁止します。
(10) 下足のまま会場に入ることはできないので上履きを用意すること。下足用袋は各自で準備し(道空連では準備しない)管理するようお願いします。(入口付近に放置された履物はすぐに処分されるので注意)また選手は裸足のまま屋外に出ないよう注意すること。
(11) 敗者復活戦により、3位を決定します。詳細は、組み合わせ発表時にHP上でお知らせします。なお、優勝、準優勝者が全国大会にエントリーしないことも考えられるため、3位の選手による繰り上げ代表決定戦を行う。
敗者復活戦について
(12) 表彰は、5位までの選手を表彰する。また、予選トーナメントでベスト8に入った選手には、 敢闘賞として表彰する。

要項及び参加申込書のダウンロード

こちらからダウンロードいただけます。
申込みは必ずE-mailにエクセルデータを添付し送付してください。(郵送不要)


送付先メールアドレスtaikaisanka@karate-hokkaido.jp

※添付するファイル名、メールの件名は団体名として送信して下さい。
例:【○×道場】第38回錬成大会申込み
メール受信後、内容を確認し返信をいたします。事務局休業日(日・月・祝)を除き3日が経過しても返信がない場合は【再送】として再度メールを送信ください。

  • 大会要項ダウンロード
  • 大会申込書ダウンロード

<車で来場のみなさまへお願い>
駐車係員の指示に従い、指定された場所以外への駐車はしないようお願いします。


PDF形式のファイルをご覧いただくには、プラグインが必要です。
以下よりダウンロード下さい。
Get Adobe(R) ReaderR
※アドビシステムズ社 Adobe Reader(無償提供)

▲上に戻る